2017-0727thu-0819sat

【Lessons of KOGA】7月27木曜日、29日土曜日、8月3日、5日、10日、12日、17日、19日。木曜日19:00~21:30、土曜日13:00〜17:00。ここ数週間のKOGAの練習は、正確なリズム取りとプルジンカの表現を集中して練習。自分が踊ることでブルガリアの踊りを表現するためには欠かせない要素。大まかなリズムではなく、8分音符または16分音符でのリズム取り。手拍子やスプーンを使い、全ての音を叩いたり一部の音だけ叩いたり。そして踊りの動きで合わせる。その繰り返し。ショップスコの2拍子は、大きいステップと細かいステップの違い、後半の「2」を注意。トラキスカラチェニッツァの7拍子は、雰囲気を作る上で重要な「2」の捉え方。チェルケスコの9拍子は最後のカウント「9」の表現と連続するステップとスタンプ。バルネンスコの9拍子は3歩それぞれリズムの長さが異なるベーシックのステップの練習と足と手の動きを合わせる練習。そのほか、ショップ地方のコパニッツァの踊りは繰り返されるチュクチェに注意して練習。ひとつひとつの動きを集中して練習することはとても地味な作業ですが、新たな感覚の発見があり舞踊にとってはとても大事な作業でもあります。19日土曜日はイリヤナから習った「ラザルキ」の踊りだけを練習。5拍子のパイドゥシュコのリズムや腕、ハンカチの動きを合わせようとすると揃わなもので…でも練習を繰り返すと少しずつ上達していくのは確かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です