2017-0727thu-0819sat

【Lessons of KOGA】7月27木曜日、29日土曜日、8月3日、5日、10日、12日、17日、19日。木曜日19:00~21:30、土曜日13:00〜17:00。ここ数週間のKOGAの練習は、正確なリズム取りとプルジンカの表現を集中して練習。自分が踊ることでブルガリアの踊りを表現するためには欠かせない要素。大まかなリズムではなく、8分音符または16分音符でのリズム取り。手拍子やスプーンを使い、全ての音を叩いたり一部の音だけ叩いたり。そして踊りの動きで合わせる。その繰り返し。ショップスコの2拍子は、大きいステップと細かいステップの違い、後半の「2」を注意。トラキスカラチェニッツァの7拍子は、雰囲気を作る上で重要な「2」の捉え方。チェルケスコの9拍子は最後のカウント「9」の表現と連続するステップとスタンプ。バルネンスコの9拍子は3歩それぞれリズムの長さが異なるベーシックのステップの練習と足と手の動きを合わせる練習。そのほか、ショップ地方のコパニッツァの踊りは繰り返されるチュクチェに注意して練習。ひとつひとつの動きを集中して練習することはとても地味な作業ですが、新たな感覚の発見があり舞踊にとってはとても大事な作業でもあります。19日土曜日はイリヤナから習った「ラザルキ」の踊りだけを練習。5拍子のパイドゥシュコのリズムや腕、ハンカチの動きを合わせようとすると揃わなもので…でも練習を繰り返すと少しずつ上達していくのは確かです。

2017-20thu-22sat

【Lessons of KOGA】木曜日19:00〜21:30、土曜日13:00〜17:00。ブルガリアのダンスの動きの中で取り分け特徴的な表現がプルジンカ。体全体や腕などの揺れ。曲調がゆっくりなら大きくなめからな揺れ、速ければ鋭く強い揺れ。ショップや北ブルガリア地方の踊りでは、ソロでは腰に当てた腕、二人以上ではとなり同士のベルトを持つ腕がリズムやステップに合わせて小刻みに揺れる動作が特徴的。足のステップを同時に腕でも表現し、特に女性が得意とする。先週のKOGAもこのプルジンカを表現できるようになるための練習の繰り返し。2拍子のショップスコのリズムと9拍子のチェルケスコのリズムで練習。トラキスカラチェニッツァはゆっくりした7拍子のプルジンカの動きを止めないように踊る練習をしました。

2017-0713thu-15sat

【Lessons of KOGA】先週のKOGAの練習もリズムの正確さやプルジンカの表現を意識した練習でした。ひねり歩きやチュクチェの練習で体幹を締めて強化。ショップ地方の2拍子「ショップスコ」。一定のリズムを刻むメトロノームに合わせてリズムを練習。手拍子でリズム取り。そのあとステップで練習して、さらに「Palatovsko」の踊りで練習。北ブルガリアセヴェル地方の9拍子「チェルケスコ」。8分の9拍子なので1小節に9つカウントがある。手拍子やステップでリズム取りとプルジンカの練習。さらに同じリズムの「Gigenskata」の踊りで体の向きや動きの強弱など表現をつける練習も。ドブルジャの9拍子「バルネンスコ」。ゆっくりした曲調の場面でのリズムの刻み方や速い曲調での刻み方。大きな動きではなくてもしっかりと足でリズムを取ることを意識する練習。上体の表情にも良い効果が表れていました。踊り方の練習に時間をかけたため、曲に合わせた踊りこみは少ない週になりました。

2017-0629thu-0708sat

【Lessons of KOGA】6月29日木曜日、7月1日土曜日、6日木曜日は通常通りの時間と場所で練習。8日土曜日は会場の都合でいつもとは違う場所と時間で練習。「1と2、1と2、1と2、・・・」ショップ地方の2拍子のリズム。できていると思うようで出来ていない。「タタ・タン」と刻まなければいけないところ「タータ・タン」だったり「タ・タ・タ」にしてしまったり・・・動きが変化するとリズムが崩れてしまう。その場でリズム取りをしてから踊りの動きをしてみることを何回も繰り返す。足の向きやステップの形が変わってもリズムの取り方が変わらないように気をつけながら練習。やはり、ショップ地方の2拍子の場合、「1と」にあたる「タタ」のチュクチェやステップを正確に速く踏むことに気をつけないと、踊りの動きにショップ地方の2拍子のリズムが見えてこないということになってしまう。さらに正確な足使いから特有のプルジンカの表現が出てくるので尚更のこと重要。これからも地道に練習を重ねていきたいです。8日土曜日の会場は鏡のない部屋だったため、自分の動きにより意識を向けることを意識してエクゼルシスやターンを練習。そのほか、ドブルジャの「プロバディスキタンツ」のバルネンスコをパートごとに練習。動き方や足の踏み方が変化する中で一定のリズムを保ち続けることの難しさを実感しました。地味なステップでもしっかりとチュクチェやカウントの約束事を守らないとならないのですが・・・

2017-0622thu-24sat

先週もKOGAは木曜日19:00~21:30、土曜日13:00~17:00。体幹や足首の力を強くする練習。エクゼルシスとターンの基礎練習。特徴的なステップを練習した週でした。木曜日はトラキィスキタンツのトリテパティ。速いリズムに合わせて繰り返されるチュクチェとステップ。同様の技術が必要なセヴェルのステップも練習。こちらのステップは楽器のようにリズムを奏でる音も大切。土曜日はバルネンスコ。1小節4歩のステップ。個々の踊りの動きにリズムが見えるようになることが目標。いずれも一定のリズムを刻み続けるためには筋力とコントロールが必要。繰り返しの練習して上達していきたいと思います。