BULGARIAN DANCE を表現したい・・・

KOGA(コガ)は、個性豊かなブルガリアの民族舞踊を日本の多くの方に知って欲しくて、それを忠実に表現することを目指すダンスグループです。

戦後、アメリカから各国のフォークダンスが日本に伝えられ、1970年代後半に、その中のブルガリアの踊りに興味を持った若者たちが集まって踊るようになったのが始まりです。その頃は、まだ決まった場所がなく、練習できそうな場所をあちこち見つけては、ラジカセ片手に踊っていました。

1980年、練習場所が現在も使っている施設に定まったことを機に、「いつか、ブルガリア人と同じようにブルガリアの踊りを踊りたい」との思いから、ブルガリア語で「いつ?」を意味する言葉の「КОГА(コガ)」をグループの名称にしました。

kopri JPEG

その時々の状況やメンバーにより、さまざまな活動をしてきました。この約36年間、ずーっと変わらなかったことは、とにかく、どんな時でも、ブルガリアの踊りを求め続けて練習し続けたこと。

踊りを知りたくて、学びたくて、ブルガリアの中に、人々の中に入っていきました。ブルガリア各地の舞踊団を訪れて学んだこと、多くのブルガリアの友人たちにお世話になっとこと笑い合ったこと、寝起きを共にし一緒にご飯を作ったこと、いろんな体験が全部ごちゃ混ぜになって、KOGAのブルガリアンダンスの大事な大事な要素を作っているのだと感じます。

セベル JPEG

日々の活動の基本は、週2回の練習。練習内容は、年数を経るごとに、基本であるブルガリアの踊りを表現するための体づくりへと掘り下げられています。これが、上達するための近道であるから。

ある時、ブルガリア人の友人が、「お世辞ではなく、ブルガリア人よりも、ブルガリアの踊りを上手に表現している!」と言ってくれ喜んでくれたことが、とてもうれしかった。

忠実に、誠実に『ブルガリアの踊りを表現する』ために、これからも踊り続けていきます。

スメセン JPEG